沖縄料理の効果

長寿料理としても有名な沖縄料理は、体に嬉しい効果がたくさんあります。例えば、沖縄料理に多く使われる豚肉は、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーに変える働きをするので、疲労回復に効果的です。また、豚足を煮込んだテビチーやラフテーなど、沖縄料理の豚肉は脂もたっぷりなので女性に嬉しいコラーゲンもたくさんとることができます。

ゴーヤチャンプルに入っているゴーヤは、独特な苦みが特徴の食材ですが、その苦み成分にはモモルデシンという成分が含まれており、コレステロール低下作用や血糖値を下げる効果がありますので、生活習慣病予防に役立ちます。

もずくや海ブドウなどの海藻のぬめりにはフコダインという癌を抑制する効果のある成分が含まれており、とくに沖縄もずくは、他のもずくに比べて20倍ものフコダインが含まれています。

沖縄料理は体に嬉しい効果がたくさんありますので、ぜひ食べてみてください。観光地には沖縄料理のお店もたくさんありますが、もっとディープな沖縄の本場の家庭料理を味わいたい場合は、ホテルではなく民宿に泊まると、より家庭料理に近い沖縄料理を食べることができる場合もありますので、こちらもお試しください。